メディカル教育研修事業

医療や福祉の現場で働く専門職の方を対象に研修会を行っております。
皆様のご参加をお待ちしております。

肝・胆・膵疾疾患ケア研修会

【研修会タイトル】

血液検査データと画像に強くなろう!!
肝・胆・膵疾患患者の看護に活かす
腹部領域の画像検査と血液検査データの読み方

【研修のねらい】

 「肝・胆・膵疾患は苦手」という方のために企画した研修会です。
 血液検査データの変化や腹部の画像の読み方がわかるようになれば、病態の把握も楽になり、ドクターの指示を予測しながら主体的に看護を行なえるようになります。
 たくさんの症例を通して学びますので、皆さんが担当される患者さんのことや臨床場面を具体的にイメージしながら学んでいただけます。
 多くの受講者の方から「わかりやすかった」「楽しかった」というご感想をいただいておりますので安心してご参加下さい。そして、ぜひこの機会に肝・胆・膵疾患に対する苦手意識を克服して下さい。

「なぜこんな指示がでるのかなあ?」 「よくわからないけれどとりあえず言われたとおりにやっておこう」 というレベルから抜け出せます!

【指導講師】

木村 浩之 先生  京都第一赤十字病院 消化器センター 副部長

【日程】

2018年7月28日(土)

【地区】

大阪

案内をご覧いただけていない方へ

 研修会の予定のページに戻る