メディカル教育研修事業

医療や福祉の現場で働く専門職の方を対象に研修会を行っております。
皆様のご参加をお待ちしております。

栄養士のための肝・胆・膵疾患ケア研修会

【研修会タイトル】

消化器疾患にかかわる栄養士がぜひ知っておきたい‼ 基礎からやさしく学ぶ肝・胆・膵疾患とその治療・ケア

【研修のねらい】

 栄養士の皆さんから、「内容に興味はあるけれど看護師さん向けの研修会に参加するのは不安がある」というお声を度々いただいておりました。そこで、今回は栄養士さん向けに講義内容をアレンジして、肝・胆・膵疾患の研修会を開催させていただきます。
 肝・胆・膵領域について苦手意識のある方にもわかりやすいよう、基礎的なレベルから、現場でよく出会う疾患とその治療・ケアについて整理をしながらやさしく学びます。
 実際の症例を用いた解説を聞けるので、教科書的な知識ではなく実際の現場で役立つ知識が身につきます。ぜひこの機会に肝・胆・膵領域に対する苦手意識を克服して下さい。

 【プログラム】

 1.肝・胆・膵の解剖と機能をおさらい
  ・肝・胆・膵の構造
  ・肝臓の血流と胃・食道静脈瘤
  ・肝細胞におけるビリルビンの代謝
  ・肝臓のウイルス排除の仕組み
  ・胆汁の流れと胆嚢・胆道の機能
  ・膵臓の外分泌と内分泌

 2.血液検査データの読み方  ~データから病態を把握する力をつけよう~
  ・肝障害・肝機能の指標,胆道系の指標,膵臓の指標,腫瘍マーカー
  ・おもな疾患における各検査データの変化のパターンとその意味
  ・病態を推測できる検査データの読み方とケアへの活かし方

 3.肝・胆・膵領域のおもな疾患の理解
  《肝疾患》脂肪肝,肝炎,肝硬変,肝細胞癌など
  《胆道系疾患》胆石症,急性胆嚢炎,肝内胆管癌など
  《膵疾患》慢性膵炎,重症急性膵炎,膵臓癌など

 4.栄養士が特に理解しておきたい栄養・代謝に関するトピック
  ・肝性脳症とアンモニア
  ・たんぱく質の摂取をどう考えるか
  ・筋肉による分岐鎖アミノ酸・アンモニアの代謝
  ・肝硬変の代謝異常とLESの有用性
  ・脂肪肝の栄養管理のポイント
  ・C型肝炎・脂肪肝に対する鉄制限
  ・低栄養とリフィーディング症候群
  ・亜鉛の欠乏と肝疾患について
  ・胆・膵系の障害における脂肪制限食の意味
  ・肝疾患で糖尿病の合併が起こりやすい理由

 5.腹部エコーとエコーを用いた治療の理解
  ・腹部エコー画像の読み方の基本
  ・造影エコーについて
  ・症例で理解する腹部エコー画像
  ・腹部エコーを活用した検査・治療:肝生検,エタノール注入療法,ラジオ波焼灼術,経皮的ドレナージ術など

 6.腹部CT,MRIの理解
  ・腹部CT,MRI画像の読み方の基本
  ・症例で理解する腹部CT,MRI画像
  ・造影CT,MRIとダイナミックCT,MRI

 7.内視鏡画像と内視鏡による肝・胆・膵関連の治療の理解
  ・内視鏡画像の読み方の基本
  ・内視鏡を用いた食道静脈瘤治療
  ・ドレナージ術の使い分けの基準と略称の整理
  ・内視鏡を用いた胆・膵疾患の検査・治療:閉塞・狭窄の診断,結石の除去,胆道ステント留置術,ENBDなど

 8.腹部血管造影画像とカテーテルを用いた治療の理解
  ・腹部血管造影の手順と画像の読み方の基本
  ・カテーテルを用いた胃・食道静脈瘤治療:TIPS,BRTO,PTO
  ・カテーテルを用いた癌治療:TACE,リザーバー動注

 9.まとめ

※肝・胆・膵領域について、各臓器の構造や機能などの基本から、検査データや画像の読み方、各疾患とその治療など、栄養・代謝に関する内容も含めながら学べます。
   
【受講料】 18,700円(税込)

【募集定員】 36名

【指導講師】

木村 浩之 先生  医療法人 木村医院 院長 / 京都第一赤十字病院 消化器内科

《木村先生の講義を聴講された皆さまのご感想》
 ・親しみやすくとても楽しく聞きやすい講義でした
 ・説明がとてもおもしろく夢中になりました
 ・教科書では知れない生きた知識が大変勉強になりました
 ・優しい口調で聞き取りやすかった
 ・こんな講義なら毎週でも受けたい!!
 ・わかりやすいご講義で1日があっという間でした
 ・ぜひ木村先生と一緒に働きたい!!と思うようなお人柄を感じました  など

【日程】

2022年10月30日(日)10:00〜16:30

【地区】

東京(リモート開催への変更の可能性もございます)

 研修会の予定のページに戻る